スキンケア

日焼け止めに頼らない!?紫外線の対策方法とは

2020年10月1日

日焼け止めに頼らない!?紫外線の対策方法とは

紫外線の日焼け、何とかしたいですよね?

しかしそういっていざ日焼けをしてみると、

 

 

「あれ、日焼け止めが肌に合わない...。」

なんてことが起こりうる方もいるでしょう。

 

どうしよう、これじゃ肌が焼けちゃう…。

 

と諦めそうになりますが、

ちょっと待ってください!

まだあきらめどころではありません。

 

 

日焼け止めが自分の体に合わない人でも、実はその日焼け止めなしでも紫外線対策をすることができるんです!

 

 

今回は日焼け止めに頼らない!?

紫外線の対策の仕方を皆さんにお伝えしていきたいと思います。

 

今回お伝えする大まかな記事の内容はコチラ

  • 日焼けは体に悪影響が多い
  • 日焼け止めなしの紫外線対策方法

 

それでは早速解説していきますね。

 

 

日焼けは体に悪影響が多い

日焼けは体に悪影響が多い

日焼け回避の方法を説明する前に、

まずは日焼けのデメリットをお伝えしていきたいと思います!

 

そもそも、日焼けのデメリットにはどんなものがあるんでしょうか??

肌の日焼けを紫外線によって出すデメリットとはどんなものなのでしょう。

 

以前までは子どもは小麦色になるくらい日焼けしたほうが丈夫に育つと言われていました。

ですが最近では日焼け対策は小さい頃からしっかりすることが大切ということがよく言われています。

 

なぜかというと、日焼けによってさまざまな健康上のトラブルを引き起こすこと場合があるからです。

 

 

紫外線はしみやしわの原因ものある

よく耳にする日焼けによるデメリットは、しみやしわが肌に増えてしまうことです。

 

よく年をとるとしみやしわが多くなると言いますが、原因は加齢だけではく他にも要因があります。

 

紫外線によって長期間積みかさなった紫外線の影響が、年齢を重ねるごとに目に見える形で表面に出てきてしまうのです…。

 

特にお肌のしみなどは、メラニン色素といって日焼けなどでつくられるものが原因になりますし、肌にメラニン色素ができても古くなった皮膚と共に体外に排出されるのが若いころで、逆に年を取ると、蓄積した紫外線の影響を排出できなくなるんです。

 

そのため年を取ると肌の代謝が遅くなり、シミやくすみが残りやすくなります。
年を取るにつれて弾力が失われ、たるみやくすみが目立つようになるのが、若いころに日焼けをした肌です。

 

これは紫外線による光老化が原因です。

 

活性酸素の増加も原因の一つ

体内の活性酸素が多くなることも、紫外線のデメリットの一つ

もともとは体外から侵入したウイルスなどを守る役割が活性酸素にはあるんですけど、内臓や皮膚に少しずつダメージを与え、逆にいろいろな悪影響をと与えるといいます。

 

こういったデメリットを踏まえたうえで、運動や活動を太陽光の下でする時は紫外線に気を付けるとともに、日焼けをなるべくしないように心がけることをおすすめします。

 

日焼け止めに頼らない、紫外線の回避対策!

日焼け止めに頼らない、紫外線の回避対策!

お待たせしました!

 

それでは日焼け止めに頼らない紫外線対策についてお伝えしていきます!

 

 

 

紫外線は肌の大敵であるため、常日頃から紫外線の対策をしてから外出するのが大切です。

ビタミンDをつくるには紫外線が必要ですが、美容や肌の健康を維持したいという時は、紫外線は排除すべき敵です。

皮膚が老いてシワシワになるのは、紫外線の肌への作用が関係しています。

 

お肌を老化させないためには紫外線が皮膚に届かないようにガードすることが大事であり、日焼け止めクリームの活用も重要ですが、効かない人もいるため、クリーム以外にも、紫外線をガードする手段があります。

 

サプリメントで対策!

体の内側から紫外線から守ってくれるものが、飲む日焼け止めサプリメントです!

 

サプリメントには紫外線から肌を守ってくれる成分が配合されていて、クリーム以外でとても人気の商品なんです!

肌が刺激に弱い人は、日焼け止めクリームが肌トラブルを発生させてしまう可能性があるので、サプリメントの活用が役立つんです!

 

 

ドリンクサプリや日傘・帽子もおすすめ!

 

「日焼け止めクリームはたっふり塗りたいけど、肌が弱くて使いづらい…。」

という人は、ドリンク状態で摂取できる日焼け止めサプリメントが効果的!

 

またサプリメントの使用だけではある程度の日焼けは避けられないので、UV加工の施された日傘や帽子が役立ちます。

色が黒く、織り目の細かな帽子や日傘を使うことで、太陽の光が届かないようにできちゃうんです!

 

このように日焼け止め以外にも紫外線対策の方法はあるので、しっかり活用して紫外線から肌を守りましょう!

 

 

まとめ

紫外線対策まとめ

 

ということで今回は日焼け止めなしでも紫外線対策をする方法について解説してきました!

 

今回の記事の内容をまとめると、

 

  • 紫外線は、しみやしわの大半の原因や、活性酸素増加を促すなど、体にかなり悪影響
  • クリームじゃなくてサプリで対策!
  • ドリンクや日傘、帽子なども使える!

 

紫外線は、ビタミンDを生成したりするのに重要ですが、同時にからだに悪影響をおよぼすことが理解できたと思います。

 

でもクリームとかの刺激がきついという人も少なくありません。
今回はそういった方たちのための記事となっています。

 

これを機に、あなたもサプリメントや帽子などで、紫外線対策を工夫してみてください!

 

大切なのは基本的なスキンケア! こちらもおススメ!
初心者のためのスキンケア!商品を選ぶうえで知っておいて欲しいこと

-スキンケア

テキストのコピーはできません。

© 2021 kokohanaの美容健康ブログ