スキンケア ブログ

ニキビケアに有効な方法は何なの?痕の様々な対処を解説

2020年9月7日

ニキビケアに有効な方法は何なの?痕の様々な対処を解決

ニキビの対処や治療は最近はいろいろ出てきて来るようになりましたよね?

私生活でのケアだけじゃなくて、医療品を使ったニキビのケアなども流行してきています。

 

でもニキビの問題ってニキビだけじゃないですよね。例えばニキビ痕はどうでしょう?

ニキビは消えたけど痕が残っちゃってすごく嫌...」という風に感じると思います...。

 

また、クレータ状になってしまうのもニキビ問題の一つです。
ニキビケアというのはただニキビをそのまま無くすのだけでは足りません。

 

先ほど説明したクレータ問題やニキビ痕問題にも対応しなくちゃいけないんです。

Aさん

でも、クレーターとかどうやって治せばいいのかわかんない...。

Aさんと同じように7・8割の人が感じると思います。

 

ということで今回は、

クレーターやニキビ痕を治療する最適な方法
について皆さんにお伝えしたいと思います!

 

1.ニキビ痕に効く最適な治療法とは?

ニキビ痕に効く最適な治療法とは?

ニキビを直しても痕が残ってしまう。せっかくニキビを治療できたのにこんなことがあっては最悪ですよね...。

それではどうすればこのニキビ痕やへこみを治すことができるのでしょう?

 

フォトフェイシャルを使おう!

にきび痕というのは、にきびがあった場所に、色素沈着や皮膚のへこみが残ることで痕ができたように見えるというものです。

一旦にきびができると、その場所はメラニン色素が生成されやすくなって、血液の色素もその場所に残りやすくなるわけです。

 

だからニキビはもうないのに、シミが残って、ニキビ痕になってしまうわけです。

色素沈着にできるニキビ痕は、古い皮膚と新しい皮膚とが入れ替わるにつれて、目立たなくなります。

 

にきび痕がずっとある原因は

 

 

年齢を重ねた肌だと新しい皮膚がなかなかつくられないからなのです...。

 

 

場合によっては、にきび痕がなくなるまで、1年以上を費やすケースもあります。いつまでも残っているニキビ痕はいやですよね。

 

そんな方は、エステのフォトフェイシャルなどの、美肌効果の高い施術をうけるといいでしょう。

 

フォトフェイシャルの効果

フォトフェイシャルは、皮膚の深い部分に光をあててお肌の細胞を熱することで、皮膚の新陳代謝を促進するというものです。

 

皮膚のたんぱく質は熱で変成する性質があるので、フォトフェイシャルの熱によって一部ダメージを受けます。

それによりターンオーバーが促進されて、新しい皮膚が古い皮膚にとってかわれるようにするというものが、フォトフェイシャルのメカニズムです。

 

フォトフェイシャルを行うことで肌が温まって血液が流れやすくなることから、お肌の状態改善の作用も得られるんです!

お肌に残ったにきび痕を消したいという人は、ターンオーバーを活発にしてくれるフォトフェイシャル施術がとてもおすすめです!

 

2.皮膚科への診断もオススメ

ニキビケア皮膚科への診断もオススメ

ニキビ痕のクレータやへこみなどの解決策を自分で見つけたり考えたありするのは良くありません!

確実性がないのにサプリメントを使ったりして、効果が出なかったり、はたまた、お肌にダメージを与えたりしてしまうなんてケースもまれではないからです。

 

お金も無駄にしちゃいますしね...。なのでお勧めの対象法としては、専門家に診断をしてもらうことです。

自分で無理に治そうとするよりはコチラの方がとても安全で確実性が高いからです!詳しく解説していきます。

 

ニキビ痕の末路

ニキビが悪化した場合にクレーターやへこみといった形で顔に出てきます。

にきびが化膿して、炎症を起こすと、皮膚の真皮細胞までが傷つけられてしまいます。

 

そのため傷付いた真皮細胞は、にきびが良くなっても回復しないのです。

また、深刻なコンプレックスの一つに、お肌がデコボコになってしまう場合もあるようです…。

 

 診断で自分のニキビの状態を知る

今までは、にきび跡のクレーターをきちんと治す方法は存在しませんでした。

ですが、最新の治療法を利用することによって、重症のにきび跡クレーター・へこみであっても、目立たない程度に改善することが可能になりました!

 

 

クレーター状になったにきび跡が出てきたら、

 

まずは皮膚科でとりあえず診断をしてもらうのがおすすめです!

 

 

クレーターの大きさや陥没の深さ、お肌の状態によって、適切な治療法は異なるからです。

皮膚科で行われるにきび跡のクレーター治療は、ニキビ痕の状態が軽ければケミカルピーリングという、薬剤を使用して皮膚を再生する治療を行います。

 

肌の表面を、フルーツ酸などで化学的に削るという方法で、代謝の量を上げます。

もしにきびの症状がひどい場合は、にきび跡クレーターをレーザーを照射して治療するそうです。

これはレーザーの刺激で細胞の再生を促して、古い皮膚と新しい皮膚とを交替させて、にきび跡のクレーターを目立たなくする治療です。

 

かなりの効果が期待できると言われているため結構な治療費になってしまうんですが、にきび跡クレーターの治療には一番おすすめですね。

 

3.まとめ

ニキビケアまとめ

今回は、ニキビ痕・クレーターなどに対するケアを中心に解説してきました!

 

 

 

  • フォトフェイシャルを使用して、ターンオーバーを活発にしよう!
  • ニキビ痕は自分で解決しようとしない(失敗するケース:多)
  • クレーターなどのニキビ痕は皮膚科に見てもらおう
  • ケミカルピーリング、またはレーザーでの治療がおすすめ!

 ニキビ痕の問題はとても大変です。

「せっかくニキビがなくなったのに、痕に悩まされるなんて最悪…!」という風に感じ、そこで挫折してしまうケースが多いからです。

ですがニキビケアというのはニキビだけでなくその後のケアもできてこそのニキビケアだと思っています!

 

諦めずに、ニキビ痕の対処も行っていきましょう!

こちらの記事も人気です!

アンチエイジング対策も大切!

アンチエイジング方法は多種多様?私生活でもできる若返り方法も

 
 
 

-スキンケア, ブログ

テキストのコピーはできません。

© 2021 kokohanaの美容健康ブログ