スキンケア ブログ

スキンケアの順番はどのようにすればいいの?夜ケアの具体例も紹介!

2020年9月7日

スキンケアの順番はどのようにすればいいの?夜ケアの具体例も紹介!

みなさんが日ごろ行っている夜のスキンケアの方法や順番は正しく出来ていますか?

ご自身のスキンケアが本当に正しいのか悩んでいる方は沢山います。

 

もしかしたら間違った順番で適切な効果が無い場合もあります

 

 

 

そこで今回はご自身の夜のスキンケアの順番や方法が効果的なのか疑問を感じている方に、正しいスキンケアの順番と方法を紹介します!

この記事を読めば正しい夜のスキンケアをが理解できますよ^^

 

1、夜の正しいスキンケアの順番とは?

夜の正しいスキンケアの順番とは?

夜は1日の仕事や学業、家事などで酷使した肌をいたわるために、「肌に優しく効かす」ことを意識しましょう。美容のプロの方々も実践している夜の保湿レシピで正しい順番を確認しましょう!

 

さっそくですが、夜のスキンケアの順番は以下になります。

①クレンジング②洗顔③ブースター(導入液)④化粧水 →⑤美容液 →⑥クリーム →⑦アイクリーム

 

朝と比べて、使うアイテムが極端に増えるわけではありませんが、より深く潤わせるためのもう一工程がポイントです。

また、睡眠中も抜かりなく肌を潤すケアを取り入れています。

 

 

次の項目で手順の詳しい内容を紹介しますね。

 

 

 

2、夜のスキンケアの項目

夜のスキンケアの項目

手順1.クレンジング

クレンジング剤の多くは、「油成分」と「界面活性剤」でできています。

「油成分」は、メイクを浮き上がらせる役割、「界面活性剤」は、浮いた油を混じり合わせメイク汚れを落としやすくする役割があります。

クレンジングは、メイクを落とすことに着目し作られているので、全ての汚れを落としきれるわけではありません。ですから、必ずクレンジングの後に洗顔をするようにしましょう。

 

手順2.洗顔

しっかり泡立てたふわふわの泡で洗うのがポイントです。

ほこりや汚れを落とすために、たっぷりの泡で汚れを包み込み、からめとります

乾燥しやすい肌の方はしっとりタイプを選ぶのがおすすめで、オイリー肌の方はさっぱりタイプを選ぶと良いです。

また、季節によってベタベタしたり、乾燥したりなど、変化する肌質に合わせて洗顔料を変えるとなお良いですよ。

 

手順3.導入液

化粧水の前に使う導入液やオイルはブースターと呼び、フタの役割をはたします!

肌をやわらかくして水分を吸引する力が増し、化粧水の浸透をよくする効果があります。

 

手順4.化粧水

肌ケアの定番で、キメが細かい綺麗な肌を作るためには必ず必要な行程です。

コットンを使用する方も多くいますが、力加減によっては摩擦や刺激になってしまい良くない事があります。

 

手順5.美容液

化粧水を塗った後に、さらに美容液を使うのがおすすめです。

化粧水は肌に水分を与える役割があり、化粧水を塗っただけでは油分のバランスが取れずに肌が乾燥し、かえって皮脂が多く分泌されてしまうことがあります。

化粧水と乳液は一般的ですが将来の見た目に差をつけるには美容液が大事ですね。

 

手順6.乳液・クリーム

化粧水で補った水分を逃さないために、乳液・クリームで保護します。

オイリー肌の方は乳液ではなくジェルがおすすめです。

乳液とクリームの違いは、油分の量です。

肌の乾燥がひどい時は「クリーム」を使い、乾燥がひどくない時は「乳液」を使いましょう。

 

手順6.乳液・アイクリーム

目元の肌は皮膚のなかでも薄い部分なので、目元の保湿に特化したアイクリームも重要です。

表皮が薄くデリケートな部分なので、アイクリームという専用のクリームがあるんですね。

3、夜のスキンケアの際に注意すべきこと

夜のスキンケアの際に注意すべきこと

夜のスキンケアの工程で特に気を付けて欲しいのはクレンジングと洗顔です一日に溜まった皮脂や汚れ、メイク汚れをしっかり落として肌をきれいな状態にもどします。

 

肌に汚れが残ったり、毛穴がふさがったりしている状態では、どんなに良い美容液を使っても浸透していきませんので汚れを落とすことは本当に大事なんです。

ただし、ごしごしとこすると肌に刺激を与えてしまうので、肌を触り過ぎないように注意しましょう。

 

クレンジングも洗顔も、力を入れずに短時間で終わらせることが大切です。ベストなタイミングは入浴の最後に行うことです。

温まることで毛穴が開き、毛穴の奥のメイク汚れまで落ちやすくなります。しっかり毛穴を開いて肌の摩擦を極力せず汚れやメイクを落としてくださいね。

 

4、まとめ

スキンケア夜の順番まとめ

今回紹介した夜のスキンケアについての内容をまとめました。

 

・夜のスキンケアは日中に蓄積されたダメージを回復することが目的なので、じっくりと時間をかけて栄養を肌に届けるための下準備が必要。

ココがポイント

順番

  1. クレンジング
  2. 洗顔
  3. ブースター(導入液)
  4. 化粧水
  5. 美容液
  6. クリーム
  7. アイクリーム

夜のスキンケアではクレンジングと洗顔が特に重要ですよ!

 

夜のスキンケアの工程は多いですが、毎日続けると年月を重ねるごとに差が付きます

朝は時間が無くあまり丁寧なスキンケアはできませんが、夜は時間をとってスキンケアができます。しかし、間違ったケアをすると高い効果が得れない可能性があります。

 

このように正しい方法・順番・工程で、是非お試しください!

 

こちらの記事も人気です!

ニキビ、ニキビ痕も消える?

ニキビケアに有効な方法は何なの?痕の様々な対処を解説

 

 

-スキンケア, ブログ

テキストのコピーはできません。

© 2021 kokohanaの美容健康ブログ