サプリメント

皇潤極に副作用はあるの?知っておきたい事実とは

2020年6月17日

膝関節にお悩みの方へ皇潤きわみをおすすめします

非変性Ⅱコラーゲンにより膝の関節の柔軟性や可動性を補助する皇潤極(こうじゅん きわみ)。

ですが、皇潤極を使用することによる副作用があるのかどうかも気になるところです…。

 

「皇潤極は安全?」「副作用とか安全性はどうなるの?」
「そんな問題とかどう対処したらいいの?」

こんな悩みを抱えている方も少なくないと思います。

 

ということで今回は、

 

皇潤極に副作用はあるのか?
安全性はどれくらいなのか?

 

について当記事で解説していこうと思います。

この記事を読むことによって、今回のテーマである皇潤極の安全性副作用に関する情報を得ることができます。
さて、早速みていきましょう!

 

皇潤極に副作用はあるの?

 

皇潤極副作用

 

皇潤極に副作用は存在するのでしょうか?

結論、一概には言えませんが、副作用可能性はありません

 

科学的観点から見た場合、配合成分が体に対する悪影響を及ぼすものは含まれていません。

口コミなどの使用者データからも、副作用のような訴えは調べた限りでは存在しませんでした。

 

皇潤極の安全性

 

調査した限りのデータだと、副作用による問題の声は見当たりませんでした。
ということは、皇潤極は安全なの?と思う方もいると思います。

 

この皇潤極の安全性を決めるには2つの要素から考えないといけないと思っています。それがコチラ→

  • アレルギー作用ダミー
  • 使用人の年代・現状況ダミー

 

アレルギー反応に関しての適切な情報もしっかりとしたものはありませんでしたが、錠剤からしてアレルギー反応は存在しません

 

注射性の場合は、激しい痛みや発赤がでる場合が大きいです。

 

使う人の年代や現状況に関しては、若い世代~高齢者世代まで対応していますが、気を付けるとすれば妊婦や子供です。

これも、適切にたるデータは調べた限りでは存在しなかったため、はっきりとしたことは言えないので、使用する際は医者に相談するのが適切です

 

 

どんな成分が使われているの?

 

皇潤きわみ成分

 

皇潤極に含まれる代表的な成分は2つあります。

 

1.非変性Ⅱコラーゲン

一つ目は冒頭でも説明した「非変形コラーゲン」

この配合成分によって膝の可動力、柔軟性に大きく影響します!

 

この成分のポイントは”非変性”です。

コラーゲンは熱や酸にとっても弱いので、経口摂取しても胃酸によって壊れてしまうのが難点だったそうです。
ですが非変性Ⅱコラーゲンは摂取しても胃酸の影響が少ないので、普通のコラーゲンと比べてはるかに優れモノなんです!

 

安全性という観点においても、アメリカ食品医療品局の安全基準合格証を受けているので安心です。

 

皇潤ヒアルロン酸非変性Ⅱコラーゲン

そしてもう一つの成分は独自製法により生み出された皇潤ヒアルロン酸です。

低分子化されたこのヒアルロン酸は、体の吸収力を上げて、サプリメントとしての役を得ることに成功しました。

 

しかし...調査してたらこんな情報も入ってきました。
ヒアルロン酸は吸収できないから実質無効ということです。

それでも口コミデータは高評価です。
効果がないのによくなったということはプラセボ効果というものがたくさんの使用者に表れている結果でしょうね…。

 

プラセボ効果でも結果は良好

 

プラセボ効果は簡単に言うと、効果はないけど、使用人の思い込みによってよくなるというケースのことです。

 

実際の経口摂取型のヒアルロン酸とプラセボ効果の統計を比べても、普通にプラセボが上回っていました。
錠剤効果ではなく催眠術効果ですが結果的によくなっているところも凄みだと感じています。

 

 

アフターサポートもあるから安心!

 

皇潤極みおススメ

 

もし購入した後でも、アフターサポートによって、アドバイスや相談を受けることができます

 

また、受話器での会話が苦手な方でも手紙にどでも連絡もできるので安心です!

商品をお試しする際などに行うと心強いですね。

 

まとめ

 

ということで今回は、皇潤極(こうじゅん きわみ)に副作用はあるのかを中心に、皇潤の成分や安全性について自己調査の結果から解説してきました。

 

まとめると、

ココがポイント

  • 皇潤極に副作用はない
  • 妊婦・子供は医者に相談
  • 主な成分は非変性Ⅱコラーゲンと皇潤ヒアルロン酸
  • プラセボ効果でもいける
  • アフターサポート相談で使用も安心

 

という感じでした。

 

自己調査の限りでは適切な情報をえることは難しかったのですが、危険性を催す情報、口コミはありませんでした。
しかし一概に安心とは言えないため、気になる方は、医者や専門家などに相談することをお勧めします。

 

公式H Pはこちら

 

-サプリメント

テキストのコピーはできません。

© 2021 kokohanaの美容健康ブログ